英語が聞き取れる、話せるメリットとは:映画編

英語が聞き取れる、話せるメリットとは:映画編

DVDの時代になって、映画も字幕のあるなし、吹き替えのあるなしが選択可能に。俄然、英語教材として脚光を浴びるようになりました。映画を使って英語の勉強をすると、聞き取り能力も、会話能力も、効率よく身に着けることが可能です。

 

 

 

映画で英会話を学びたいというなら、まずは、現代物の中から自分の好きな作品...特に何回でも観たい作品を選びましょう。
英会話ができるメリットは、外国の方とコミュニケーションをとり、新しい考え方や文化を理解する楽しさにあります。その目的に沿って教材作品を選ぶなら、現代の事象や言葉遣いがふんだんに出てくるものにこだわりたいものです。そうすれば、英会話学校の教科書にも出てこない、今流行の言葉遣いやスラングなどを覚えることが可能で、より生きた英会話が身につくはずです。

 

 

 

好きな作品を選ぶ意図は、英会話の学習は「繰り返し」が非常に重要だからです。学習用に選んだ限りは、暗記するほど繰り返し見ましょう。
作品の舞台やテーマにもちょっと気を配りたいものです。例えば、経済用語を重点的に覚えたいなら、金融街を舞台にした作品を。英語圏のどこかの国に滞在の予定があるなら、その国の同姓同年代の人が主人公のものを選ぶなどするとよいでしょう。ここまでこだわって選べば、あなたにとって、より英会話に必要な言い回しや単語を学ぶことができるはずです。

 

 

 

また、映画の早い会話速度は英語圏ではナチュラルな話し方です。ここもしっかりマスターしたいものです。ここまで真剣に学習すれば、ある日、字幕なしでも洋画の内容が理解できる日も。あんがい、そういったことが映画で英語を聞いて話せるようになるメリットかもしれませんね。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る