英会話の上達のポイント:テスト用英語と、実用英会話の違いを知る

英会話の上達のポイント:テスト用英語と、実用英会話の違いを知る

国際化という言葉が言われて久しいこの現代世界において、もはや日本国内だけで完結した暮らしを送ることなど不可能となってきました。あらゆる仕事、環境、文化において様々な国の要素が溶け合い、いまの日本が国際的な国家として存立していくためには大人も子供もきちんとした英語力を身につけて世界と渡り合っていかなければなりません。

 

 

 

そのためにはまず英語教育を見直す必要があります。そもそも日本人にとって英会話の習得する一つ目のステップとして重要なのは受験勉強で培ってきたテスト用英語の知識から実践的な英語力へとシフトチェンジすることにあるでしょう。

 

 

 

これはよく言われることですが、日本の教科書ではじめに習う"How are you?"や"My name is "といった表現は英語圏ではあまりに堅苦しく、逆によそよそしささえ感じることから使用することはほとんどありません。これらはテスト用英語の弊害であり、日本人が海外に渡航して初めて気づく“使えない英語”と言えます。

 

 

 

 

 

また日本語が10年のうちにどんどん変容を遂げてきたように、英会話も主に若者文化や移民文化の中から新たな言葉の潮流が生まれて進化を遂げています。ですが日本で教えるテスト用英語は10年経っても20年経っても相変わらず同じことを教えている現状です。私たちは英会話を学び直すにあたってまずはこの点を踏まえて、実用英会話、つまり生きている英語を身体で覚えていく必要があるのです。

 

 


このページの先頭へ戻る