英語が聞き取れる、話せるメリットとは:留学編

英語が聞き取れる、話せるメリットとは:留学編

英語が聞き取れれば、会話はなんとか成立します。

 

 

 

留学した際に、全く聞き取れないと何が何だか分からず、語学力が全く伸びない人もいますが、英語の聞き取りがなんとかできるレベルであれば、相手の言っていることは分かり、例え、話すことができなくても、重要なポイントとなる単語を言っていれば何とかコミュニケーションは取れるのです。しかし、単語だけでの会話には限界があります。

 

 

 

最低限、聞き取りができて、単語を返せることで相手にしてもらえても、自分の意見をはっきり言ったり、強い主張をすることはできません。話すには相当の練習量が必要ですが、慣れてくれば自然と英語で話すようになります。留学すると、聞き取り能力だけではなく、話せる力がつくので、英語で自分の意見をいえる人になります。こうなければ、ただの旅行や日常生活だけではなく、ビジネスや学問などでも活躍することが可能となります。

 

 

 

チャンスがあれば、海外で就職したり、海外の大学を卒業することも夢ではありません。少なくとも英会話を学ぶレベルから脱出し、英語で何かを学んだり、何かをするレベルになれるのが最大のメリットとなります。

 

 

 

こうなれば、会話ができることで海外で就職できれば、海外での長期滞在も夢ではありません。そして、数年海外に滞在して働けば、留学しなければ絶対に到達できないような高いレベルの語学力を獲得することができることでしょう。国内で勉強していてとても高い語学力を持っている人もいますが、留学した人の方が有利なのは間違いありません。

 

 


このページの先頭へ戻る