英語が聞き取れる、話せるメリットとは:ビジネス編

英語が聞き取れる、話せるメリットとは:ビジネス編

現在のグローバル化された社会において英語をしゃべれないというのは非常にマイナスポイントだと思います。これからの社会は今よりもっと国際化が進み英語が多く使われるようになってきます。趣味で必要だから英語を勉強するというのではなく、働くこと、つまりビジネスをする上で必要になってきます。

 

 

 

今はまだ、日本人同士でビジネスをしているため英語を使う必要はありません。しかしこれが日本人対外国人になった場合今までのとおり日本語で話すというわけには行きません。世界の公用語は英語なのでそれを使わなくてはいけなくなってきます。

 

 

 

通訳を使えばいいじゃないかという意見もありますが普通の英会話ならそれで十分かも知れません。しかしビジネスの場において通訳を入れて話していたら会話のテンポが悪くなりいい話もなかったことになってしまうかもしれません。

 

 

 

英会話というのはすぐに身に付くものではありません。私達日本人が日本語を使う事が出来るのは小さいころから日本語を聞いて日本語で会話して育ったからです。つまり小さいころから英会話をしていればおのずと今の私達が日本語で会話するように簡単に英会話をすることができるようになるのです。

 

 

 

そのようにしてそだった子供ならこれからのビジネスを作っていく上で外国の国々と対等に話すことが出来るので、成功することができるのではないでしょうか。
今の日本は外国とはあまりいいビジネスを出来ていないので英会話のような基礎的なところから力を付けて行った方がいいと思います。

 

 


このページの先頭へ戻る