英会話の上達のポイント:語彙力を広げるために様々な話題について英語で話してみよう!

英会話の上達のポイント:語彙力を広げるために様々な話題について英語で話してみよう!

 英会話を上達させるために、分厚い単語集を買ってきて語彙力を増強しようなどと考える必要はありません。日本人には一見難しく聞こえるネイティブの会話も実は耳を澄ますと、日本人にとってお馴染みの単語ばかりで構成されているのです。それは日本人が中学3年間で習う単語です。義務教育である中学校の3年間で習う単語さえマスターしていれば、今すぐにでもネイティブとのおしゃべりを楽しむことができるのです。

 

 

 

 外国の政治家などの発言を聞いていても、実は使われているのは中学レベルの単語ばかりです。

 

 

 

 しかし、そのようなことも知らず日本人は、英語をしゃべろうとするとやけに難しく構えてしまいがちです。日本人であれば、中学3年間は義務教育の一貫です。そのため、本来誰もが基本的な英語力をすでに身につけているのです。あとは、それをどんどん口に出して発信する勇気を持つだけです。

 

 

 

 「英会話」上達のためにまずは、中学の英語の教科書、もしくは同等レベルの本を声に出して読むこと、いわゆる「音読」から始めると良いでしょう。音読することにより、英語で会話するための口慣らしができ、また中学レベルの語彙力を確実に身につけることができます。

 

 

 

 音読で口慣らしをした後は、いよいよ覚えた単語を使っての「発信」です。発信といっても何も難しいことではありません。まずは自分の行っている動作やいま感じていることなど身近なことを英語にしていきます。すると中学レベルの語彙力でさまざまなことが発信できることに気付くはずです。

 

 


このページの先頭へ戻る