大人も子供も英会話をたのしもう

ディズニーのキャラクターは異なる英語のアクセントを使ってる?

英語を勉強しようと思った最初のきっかけは、人それぞれ動機や目的が違います。留学するため、ビジネスで使うため、海外旅行に行くためなどさまざまでしょう。子供が産まれたら、小さいうちから英語を勉強させよう、一緒に勉強してみようと思われる親御さんは多いものです。

 

お子さんがいれば、当然のように毎日アニメ番組や、教育番組などを見る機会が増えてきます。そのなかで、お子さんにアニメを使用した英会話番組を見させたり、オンライン英会話教材を毎日少しの時間でも利用すれば、英語の発音やアクセントが自然に身についていくものです。

 

子供が必ず好きになるディズニーのキャラクターや映画など、身近なものから取り入れると効果的です。小さいお子さんが大好きなミッキーマウスや、その仲間たちが出るDVDなどは人気がありますので、英語教材として取り入れると、大人も一緒に楽しみながら勉強することができます。しかし、お子さんから何て言っているのかと質問をされることがあるかもしれません。

 

ディズニーのキャラクターによって、セリフを聞いていても、発音やアクセントが聞き取りづらいと思われることがあるでしょう。真剣に耳を傾けて聞いてみると、この単語のアクセントはこうなのだろうかと疑問に思うこともあります。特に、ドナルドダックの話し方を聞いていると、口ごもったようなしゃべり方なので、微妙に違って聞こえるかもしれません。しかし、実際に外国人と話をする場合、その人の国籍によってアクセントが微妙に違っているものです。

 

いろいろなアクセントを使う人がいるのだと、少しずつ認識することができるようになります。

噂のポッドキャストを使ってみよう

英語の能力を身に付けるには、多くの時間を必要とします。実際に何かの技術を身に付けて一流となるためには、1万時間の練習や学習が必要と言われています。また、英語を身に付けるためには、英単語や文法、発音などの様々な要素を複合的に学ぶことが求められます。

 

さらに、子供英会話については普段から英語を使う時間を確保することが重要であり、せっかく身に付けた英語の能力もしばらく英語から離れているとすぐに英語の能力が落ちてしまうということもあります。このように、英語を勉強し、ネイティブスピーカーと英会話を楽しむためには、日々の努力が必要とされます。そこで、是非活用したいのが英語を学ぶことが出来るポッドキャストです。

 

ポッドキャストとはスマートフォンなどで、英会話の教材などをダウンロードすることで、スマートフォンを使って英語の勉強を行うことが出来る教材です。このポッドキャストの優れた所は、ノンネイティブ用の英語学習教材が充実しており、丁寧な英会話を単語や発音と共に学ぶことが出来る点です。

 

さらに、ポッドキャストを利用した学習は基本的に無料で行うことが出来るため、少ない投資で英語の勉強を行うことが出来るのです。さらに、スマートフォンを利用した勉強が可能であることから、通勤や通学の少しの時間を利用して英語の勉強が出来ることから、英語の勉強時間を飛躍的に増やすことが可能なのです。このように、ポッドキャストを利用することで、安くかつ効率的に英会話を学ぶことが出来るのです。

自分の理想を見直してみましょう

結婚に向けて活動をしている沢山の男性、女性がいますがなかなか結婚したいと思う相手がいないとお悩みの方が多いようです。一生懸命結婚活動をしているのになんで自分の理想としている人が現れないのか?

 

なんでお見合いパーティーとか沢山出席しているのに結婚できないのかと嘆いていませんか。その結婚活動間違っていませんか。一度自分が今まで頑張ってきた結婚活動を見直してみてください。結婚活動に限ったことではありません。

 

例えば受験勉強だって同じです。勉強をむやみにしても、勉強の仕方が間違っていたらなかなか点数が上がらず、志望校に合格できなかったりします。正しいやり方で勉強すれば受験に合格します。結婚活動も同じなのです。正しい結婚活動をすることで、結婚に近づくことが出来るのです。まず、結婚活動をしているけれどなかなか自分の理想の人に出会えない。

 

そのため、次々と出会いを求めて何回もお見合いパーティーに出かけている人いませんか。または、いつも良い人がいるんだけれど、お付き合いとなるとお断りされてしまう人いませんか。こういう人は次の結婚活動をする前にもう一度自分の結婚活動を見直してください。むやみに結婚活動をしても結果はでません。

 

また、自分の理想が高かったりすると、結婚活動をすればするほど、理想が高くなっていってしまいます。少し妥協をするということも必要になるかもしれません。本当に結婚したいと思っているのであれば、もう一度自分の結婚活動や自分の理想を見直してみましょう。

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る